のあ:秋の色彩工作

こんにちは、ぴちこです。(^ー^)/

週末タイヤ交換を済ませてきました。タイヤが変わるとハンドル操作の感覚が違いますね。

私は冬タイヤの方がハンドルがきりやすくて運転しやすいですが、雪道は苦手です((+_+))

大雪が降らないことを祈るばかりです。

さて、今月は水曜日、色彩のテーマで療育活動を行なってまいりました。

1回目はジッパー袋に絵の具をのせた画用紙を入れて、袋越しに色をまぜて遊びました。ギャラリーに様子を写真に収めたものをあげておいたので先にご覧くださいね★

2回目はその色遊びを行なった紙を使って、葉っぱの形に切る作業を行いました。

少し湾曲している切り取り線をよく見て、紙の方を動かして線に合わせる方法を練習しました。

最初はカクカクしていても、何枚か練習しているうちに、動かし方のコツをつかんで、滑らかに切ることができるようになっています!!

3回目は、葉っぱに切った画用紙を、木の幹の周りに貼って行く作業を行いました。

木の幹も自分たちで塗り、茶色をベースにあと2色深みを持たせるために茶色を塗った上から重ねて色を塗りました。

葉っぱは、似たような色が隣り合わせにならないように配置してから、裏にのりを付けて貼り付けるよう伝えました。

実際の紅葉とはかけ離れた色合いですが、

幻想的な色彩に子ども達も「きれい!!」と大満足★

葉っぱの周りには、小さなスパンコールを貼り付けました。

キラキラして光が当たると輝いてとてもきれいです(*^-^*)

爪楊枝を使って一つ一つ貼って行く作業ですが、細かくて大変そうに見えますが、貼り始めると、意外と面白いと集中して取り組んでいて、時間を忘れて没頭していました!!

そして、完成したのがこちら( *´艸`)↓

色の混ざり具合は個性的☆彡同じものはない、たった1枚の葉っぱです(^_-)-☆

色の癒しパワーは絶大ですね、見ているだけでうっとりするようなきれいな作品ができました!